角膜が剥がれて激痛!救急車で病院へ。

50歳女性のトラブル体験談です。

******************************************************************

夜中に左目が痛くて目が覚めました。とにかく痛くて、流水で目を洗ってみたのですが、やっぱり痛くて、どうしようもなかったです。左目は開けていても、閉じていても痛くて、ゴロゴロするような感じがして、涙がどんどん出てきました。
私は不眠症で薬を飲んで寝ているので、少々なことでは夜中に目が覚めることはないのですが、痛みで目が覚めるくらいそれは激しかったのです。寝るまではなんともなかったのに、眠っている間に何かあったのかわかりませんが、とにかく目が痛くて仕方がありませんでした。ベッドの周りには障害物もなく、目をぶつけた感じもしなくて、全くの原因不明状態で、目が痛くて仕方がありませんでした。痛み止めを飲んでも痛かったです。
夜中の2時半でしたが、私は一人暮らしなので、頼る人もいなくて、痛みが普通ではなかったので、救急車を呼ぶことにしました。救急車が来るまでに、着替えて、保険証などを用意して、救急車が来るのを待ちました。救急で診てくれる眼科がなくて、近くにある総合病院に連れて行ってもらうことにしました。
ストレッチャーにのせられて病院に着きましたが、目が痛くて仕方がありませんでした。眼科の先生がいなかったので、内科の先生が目の様子を見ました。目を洗って痛み止めのために麻酔の目薬をさしてくれました。麻酔が効いている間は痛みが引いてかなり楽になりましたが、麻酔が切れてくるとまた目が痛くなってしまい、麻酔の目薬の処方箋を書いてもらって帰りました。

近所の眼科に行こうと思って、9時になるのを待って、早めに眼科に行くことにしました。検査を受けたら、角膜が剥がれているということで、消毒と目薬で傷が治るのを待つしかありません、と言われました。確かに目の写真を撮影しているものを見せられましたが、丸く角膜が剥がれているのがわかりました。
転んで膝を擦りむいたようなものと同じことが目に起こっているので、気長に治るのを待つしかありませんと言われました。その間、消毒と目薬をさすことになり、処置コーナーで目を洗ってもらい、目薬をさして、軟膏を塗って眼帯をして、目薬と消毒の薬の処方箋をもらって薬局に向かいました。
眼帯をしたのは初めてだったので、距離感がなかなかわからず不便な思いをしました。眼科では2330円かかりました。そして薬局では670円と付け替え用のガーゼが400円借りました。
目の痛みは徐々に回復していきました。1日5回、目薬をさしていました。目のゴロゴロした感じも徐々にましになってきました。

******************************************************************

目が痛くて夜中に目覚めるなんて、相当な痛みだったんだでしょうね。
角膜が剥がれるなんてことがあるのも初めて知りました。こういう時はやっぱりサプリとかじゃどうにもならないでしょうね。

目薬のチカラって偉大なんだなーと実感したお話でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です