PC関連の仕事に変わってから目のピントが合わなくなった

30代男性の「疲れ目」に関する体験談です。どうぞ。

******************************************************************

以前は建築関係の仕事をしていたのですが、30代に入ってからPCを使う仕事を始めました。
一時期、仕事がまとまってしまい、朝から晩までモニタと向き合う状態になりました。

昼過ぎくらいから、物がはっきり見えなくなりました。モニタを見ている時は、目が重い感じはあるものの、焦点は合っているのです。

ところが、モニタから視線を外すと、世界がぼやけて見えるようになりました。二重に見えたり、輪郭がはっきり見えなくなりました。不思議なことに、モニタに視線を戻すと焦点が定まります。しかし、仕事を終える夜になると、さらに酷い状態になりました。

分厚いメガネをかけているような、歩くのも少し困難な状態です。目が重く感じ、表面は乾いている感じで、瞬きするとごわごわした感触。そして、目の奥に鈍痛がありました。

病院に行っている暇がなく、医者嫌いなこともあり、知り合いやメディアで聞いたことのある自己流療法で対処しました。

まずはモニタに望むスタイルを変更。
それまでは噛り付くように、常にモニタを見て仕事をしていましたが、意識的にこまめに視線を外すようにしました。10分に1度くらい、数十秒モニタから視線を外します。また、目を閉じて指でマッサージするようにもしました。

目薬も仕事中に数回さすようにしました。刺激の強い物ではなく、ビタミンが多く入っているソフトな目薬です。目薬をさし、1分くらい目を閉じるようにしました。

遠くを見る、特に山の緑を見ると良いと聞いたので、これも実践してみました。幸いにも窓から緑の山が見えます。休憩時間や昼休みには意識的に遠くの緑を眺めるようにしました。

結果、かなり改善されました。今でも仕事が詰まってくると、夜には目が重く感じ、ぼやけて見える時はありますが、長引かず、翌朝には通常の状態に戻っています。

「慣れ」もあったと思います。PCでの仕事を始めた当初は、モニタに噛り付いている状態でしたが、目が重い、表面がパサパサするときには、すぐに視線を外して目薬をさしたり、マッサージをしたりしています。
夏場なら、夜にアイスパックを閉じた瞼に当てるのも気持ちがいいです。目の疲れには早目の対策が一番だと思います。

ブルーベリーが目に良いと聞いたので、スーパーでブルーベリーを買ってきて食べていたりもします。正直、実感はあまりないのですが、効果はあるように思います。年齢と共に視力は落ちてきてはいますが、PCでの仕事を初めたことによる視力低下は防げています。

対策費用は目薬くらいなので1回数百円。一番酷かったときは、週に1本くらいは使用していました。ブルーベリーは生や加工品などありますが、ひとつ数百円程です。

******************************************************************

スマホやモニタの画面を観ている状態から、視線を外した時にぼやける症状が昨今増えているそうです。
その名も「スマホ老眼」。
老眼に似た症状だから、この名前がついたようです。

スマホ老眼におすすめのサプリもあるようなので、参考にしてみてはいかがでしょうか?