30代男性の「疲れ目」に関する体験談です。どうぞ。

******************************************************************

以前は建築関係の仕事をしていたのですが、30代に入ってからPCを使う仕事を始めました。
一時期、仕事がまとまってしまい、朝から晩までモニタと向き合う状態になりました。

昼過ぎくらいから、物がはっきり見えなくなりました。モニタを見ている時は、目が重い感じはあるものの、焦点は合っているのです。

ところが、モニタから視線を外すと、世界がぼやけて見えるようになりました。二重に見えたり、輪郭がはっきり見えなくなりました。不思議なことに、モニタに視線を戻すと焦点が定まります。しかし、仕事を終える夜になると、さらに酷い状態になりました。

分厚いメガネをかけているような、歩くのも少し困難な状態です。目が重く感じ、表面は乾いている感じで、瞬きするとごわごわした感触。そして、目の奥に鈍痛がありました。

病院に行っている暇がなく、医者嫌いなこともあり、知り合いやメディアで聞いたことのある自己流療法で対処しました。

まずはモニタに望むスタイルを変更。
それまでは噛り付くように、常にモニタを見て仕事をしていましたが、意識的にこまめに視線を外すようにしました。10分に1度くらい、数十秒モニタから視線を外します。また、目を閉じて指でマッサージするようにもしました。

目薬も仕事中に数回さすようにしました。刺激の強い物ではなく、ビタミンが多く入っているソフトな目薬です。目薬をさし、1分くらい目を閉じるようにしました。

遠くを見る、特に山の緑を見ると良いと聞いたので、これも実践してみました。幸いにも窓から緑の山が見えます。休憩時間や昼休みには意識的に遠くの緑を眺めるようにしました。

結果、かなり改善されました。今でも仕事が詰まってくると、夜には目が重く感じ、ぼやけて見える時はありますが、長引かず、翌朝には通常の状態に戻っています。

「慣れ」もあったと思います。PCでの仕事を始めた当初は、モニタに噛り付いている状態でしたが、目が重い、表面がパサパサするときには、すぐに視線を外して目薬をさしたり、マッサージをしたりしています。
夏場なら、夜にアイスパックを閉じた瞼に当てるのも気持ちがいいです。目の疲れには早目の対策が一番だと思います。

ブルーベリーが目に良いと聞いたので、スーパーでブルーベリーを買ってきて食べていたりもします。正直、実感はあまりないのですが、効果はあるように思います。年齢と共に視力は落ちてきてはいますが、PCでの仕事を初めたことによる視力低下は防げています。

対策費用は目薬くらいなので1回数百円。一番酷かったときは、週に1本くらいは使用していました。ブルーベリーは生や加工品などありますが、ひとつ数百円程です。

******************************************************************

スマホやモニタの画面を観ている状態から、視線を外した時にぼやける症状が昨今増えているそうです。
その名も「スマホ老眼」。
老眼に似た症状だから、この名前がついたようです。

スマホ老眼におすすめのサプリもあるようなので、参考にしてみてはいかがでしょうか?

30代男性のドライアイに関する体験談です。
******************************************************************

二年位前からドライアイに悩んでいます。
最初の頃はなんとなく目が疲れやすく視界が霞むような症状で、そんなに深刻には考えていなかったのですが、ある日職場の同僚に「すごい目が充血してるよ、大丈夫?」と言われて異変に気付きました。

それからというもの目が痛くて痛くてたまらない日が何度かありました。
思いっきり目を瞑って目頭を指で押さえ付けてようやく治まる感じです。今まで目のトラブルに直面したことが無かったのでかなり焦りました。

思い返せば、仕事はパソコンに一日中齧りついているような作業ばかりだし、夏場はエアコンをガンガン使って部屋を乾燥させているし、目が乾く生活習慣は幾つか該当したので、これはきっとドライアイの症状だと見当をつけたのです。

僕は病院へ受診することでドライアイを治療しようと試みました。
市販の目薬や目に良いサプリなどを試してもみたのですが、イマイチ効果が感じられず、それどころか症状を悪化させるケースもあると教わったからです。

眼科医では風邪で問診されるのと同じように、いつからその症状が始まったのか、目に悪い生活習慣があるか、眼球に強い衝撃を与えるようなことがここ最近であったか、などを訊かれました。

僕は正直に答えました。

自分では生活習慣を疑っていたのでそれについては事細かに打ち明けました。その後は視力検査をし、角膜に亀裂がないかを調べる検査、そして正常に涙が分泌されているかを調べる検査を行いました。予想していたものよりかなり念入りに調べるのだな、という印象です。

診断結果はやはりドライアイでした。
その為、人口涙液という薬を処方されました。

病院へ受診した結果、僕のドライアイの症状は快方へ向かいました。
医師に「生活習慣を改めなさい」と勧められましたが、仕事柄パソコンを見ないわけにはいきません。しかし以前のように目を開けていられなくなるほど眼球が乾いて充血する症状は出ていません。
おそらく市販薬や自己流の治療で済ませてしまうとこんなに早く改善することは無かったと思います。

ドライアイで悩んでいる人って全国的に見てもかなり多いらしいですが、その反面、病気として認識している人の数が圧倒的に少ないと聞きます。正しい治療を受けられれば比較的早期に解決できる疾患だと思うので、病院へ行くのを渋るよりかは速やかに受診してなるべく症状が悪化する前に治した方が良いと思います。

僕の通院はたった一月で終わりました。週一回のペースで四度です。
その期間にかかった費用な、一度の通院で診察代、薬代含めて約1500円だったので、トータルでは6000円くらいです。あの苦痛の日々を考えればけして高くない出費だったと思っています。

******************************************************************

管理人も仕事がらずっとPCやスマホを見てる事が多いので、ドライアイは他人事じゃないです(汗)
ディスプレイの多い現代社会ですから、皆さん気をつけていきましょうね。